Where is a limit? > 文化審議会関連 > 文化審議会委員名簿発表

2006年02月28日

文化審議会委員名簿発表

 文化庁経由文化審議会委員名簿が発表されています。 ・・・お・そ・い。大体02/17の物を今日の02/28になって発表って何よ。それ。しかもhtmlファイルですが、こんなんド素人でも30分あれば入力出来ますよ。ま〜〜、ぶつくさ文句言ってもしょうがないですけどね。

 で、著作権分科会分属から引用させて戴くと
青山 善充氏 明治大学教授 青山善充 Wikipedia
岡田冨美子氏 作詞家,社団法人日本音楽著作権協会理事 (JASRAC 役員一覧理事)
中山 信弘氏 東京大学教授
野村 豊弘氏 学習院大学 法学部 教員紹介
紋谷 暢男氏 (JASRAC 役員一覧委嘱理事)
 中山先生は最早説明の必要も無いと思いますので割愛させて戴きます。
posted by Tonton at 15:28 | Comment(3) | TrackBack(0) | 文化審議会関連
この記事へのコメント
紋谷暢男「著作権の法的構造─将来的展望もふまえて─」CIPICジャーナル103号19頁は、「東京地裁の考え方だと、今度は映画会社が困りますね。今、映画会社の営業の主軸は何であるかをご存じですか。映画館での上映などではありません。映画を上映した後に売られるビデオソフトで収益を得ているのです。そうすると、映画会社がつくるビデオはどうですか。皆の前で上映しないでしょう。映画会社がつくるビデオは、売った途端にすぐに消尽してしまいます。中古ソフトに流してもよいとい うことになります。恐らく、これには映画会社が黙っていませんよね。」

http://64.233.179.104/search?q=cache:ggU_eHnDqbAJ:www.ben.li/article/Chuko2.html+%E7%B4%8B%E8%B0%B7%E6%9A%A2%E7%94%B7++%E6%9C%80%E9%AB%98%E8%A3%81&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=30
Posted by 長作 at 2006年02月28日 18:58
[著作権][官公庁・行政] 「隠れ権利者」を重用する文化庁
http://web.archive.org/web/20050309091146/http://blog.melma.com/00089025/20050206000404

[パブコメ提出運動] 「権利の消尽は悪」論者の実態
http://web.archive.org/web/20050206214638/blog.melma.com/00089025/20050125110032
Posted by 長作 at 2006年02月28日 19:06
>長作さん、補足ありがとうございます。現在体調絶不調の為ちゃんと考えたまともなコメントをする事が出来ません。
平に御容赦下さい。
Posted by Tonton at 2006年02月28日 21:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
※リンク無し、広告・宣伝目的のTrackbackは独断で削除する場合があります。

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。