Where is a limit? > 放送ネット配信 > 通信・放送の在り方に関する懇談会 第6回会合(2006/03/13)

2006年03月17日

通信・放送の在り方に関する懇談会 第6回会合(2006/03/13)

 通信・放送の在り方に関する懇談会経由通信・放送の在り方に関する懇談会(第6回)配付資料(pdfファイル)と会合映・配信がWindowsMedia形式で見れます・・・う〜〜ん、Real Playerでも配信をして欲しいんですけどね〜〜〜。
 日本放送協会
 NHK提出資料(pdfファイル)
 「クエスチョネア」にお答えして(pdfファイル)
 社団法人日本ケーブルテレビ連盟
 ケーブルテレビについて(pdfファイル)
 ケーブルテレビの現状について(pdfファイル)
 株式会社スカイパーフェクト・コミュニケーションズ
 CS放送の状況と課題(pdfファイル)

 やはり8ページ目は現実にスカパーに加入している自分も課題点だと思います。特にピカパー等のマンションでの受信者に取って、STBがオプティキャストの古い物とソニーの2001年に作られた古い物だと接続端子がD端子無し、HDMI端子無し、って感じで、それでフルデジタル対応とか何言ってるねん、とは思いますね。チャンネルだって決して視聴者のニーズに沿った物とは言えません。

 例えば自分が加入しているスカパーのベーシックチャンネルは55チャンネルありますが、その内スポーツが9チャンネルと異常に多いんですよね。しかも、ケーブルテレビ局側でどんなチャンネルを入れたいのかアンケートも実施しないで勝手に決めています。自分の場合、WOWOWとNHK BSの両方と契約しているのでリーガ・エスパニョーラ見たいとしてもWOWOWでカヴァー出来ると思いますので、スカパーの方では見ないんですよね。

 今年のW杯も2002年の地上放送みたいにアナウンサーがギャーギャーわめきたてるのって耳障りでしょうがない。ハッキリ言うと地上波のスポーツ中継は個人的には見たくもありません。W杯観戦歴16年の自分としてはやはり、NHK BSの解説の方が分かりやすいし、視聴料払っているだけあって余計なノイズ>地上波のワケワカメなコメンテーターとか>が入らないだけあって、その分競袖に集中出来るんですよね。今年も地上波が絡むのかと思うと個人的には非常に鬱です。>個人的な事で済みません。

 せめて、STBの入力・出力端子の近代化、1台でBSデジタル・スカパー、地上デジタルを見れる様にする、スカパーの欲張りパックと同一のチャンネル数を何処のケーブルテレビでも見れる様にする事は視聴者としてお願いしたい所です。

 社団法人日本芸能実賊家団体協議会
 通信・放送の在り方に関する懇談会20060313(pdfファイル)
 ・・・突っ込み所いっぱーいな訳ですが、暇人さんに又お願いしちゃっても良いですかね?>又他力本願な自分
 クエスチョネア(pdfファイル)

 関連リンクエンドユーザーの見た著作権さん経由「通信・放送の在り方に関する懇談会」#6は動族配信されてるぞ!
 IT Pro経由【速報】竹中懇の公開ヒアリング,NHK橋本会長らを招き始まる
 【続報】竹中懇ヒアリング,IPマルチキャストの解釈を巡って芸団協が反論・・・相変わらず暴走してますね〜〜〜、椎名氏。
 エンドユーザーの見た著作権さん経由芸団協(実賊家著作権隣接権センター)って何やってんだろ?

 で、CPRA 実賊家著作隣接権センターの方では文化庁が私的録音録族補償金制度見なおしで2007年度までの継続審議を決定の声明文でメーカー性悪説をこの期に及んで言っているのですが、気になる部分を引用させて戴くと
 みなさん、『私的録音』という事象によって最も大きな利益を上造ているのがいったい誰なのか、ということをよく考えてみたことがありますか。ユーザーですか? 権利者ですか? いやいや違うでしょう。もっともっと莫大な利益を上造ているのは、そういう機材やメディアを造っているメーカーじゃないですか。この点が、この問題を解き明かしてゆく上での、もっとも大きなカギです。
 ・・・んでは聞きますけど、実賊家の人達が多くの人達に自分の作った音楽を聞かせたい為にCDを作りました。でも、CDだけでは聞けません。CDプレイヤーと言う貴方達が悪く言っているメーカーが作った物が必要なのですよ。それとも、鴉除けにしますか?:-P
 フリスビー代わりにすると言う手もありますが、3000円もするフリスビーなんて誰も買いませんね。ま〜〜〜、こういう人達が頭だと部下は苦労する、っていう典型かもしれませんね:-P
posted by Tonton at 15:26 | Comment(0) | TrackBack(1) | 放送ネット配信
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
「通信・放送の在り方に関する懇談会」#6は動画配信されてるぞ!(追記あり)
概要:  総務省の「通信・放送の在り方に関する懇談会」の話です。うちで採り上げない間に第
Weblog: エンドユーザーの見た著作権
Tracked: 2006-03-20 12:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。