Where is a limit? > 私的録音録画補償金関連 > 川内議員がJEITAの河野氏と意見交換

2005年07月22日

川内議員がJEITAの河野氏と意見交換

 川内議員の正々堂々blog経由私的録音録画補償金問題と言う記事が掲載されています。気になる部分を引用させて戴くと
アーティースト、クリエーター、と利用者のための著作権法なので「権利者」「権利者団体」と言う言葉はなるべく使わないようにしたほうが良い。

なぜなら「JASRAC」や「レコード協会」のように「本当の権利者」では無いのに、「権利者」を装う人々の論理の中に「権利者」という言葉は使われているからです。

あくまでも、アーティスト、クリエーターの育成のためには、都度課金システムの方が合理的である。という主張を展開すべき。

法30条に対して根本的に見直すべきだ、という認識は、どちらのサイドも一致しているが、問題意識は180度違うのだから、今回の議論の結論で最悪なのは、完全デジタル化までの間とりあえず暫定的にHDD内蔵型携帯プレーヤーを、政令改正により補償金の対象にする、となり既成事実を作られることである。同床異夢の中で相手に1本取られることが無いように、くれぐれも油断してはならない。
 ・・・尤もな話しですね。え〜っと、中間搾取団体とか、何もしね〜で着うたでボロ儲け、金の匂いのする所は法律変えてでもむしり取ってやれ、とか権利者面しているけど何もしてね〜ぢゃん、とか、議員に言われなければな〜んもやらんで、質問しても答え引き延ばすとか、プライバシーポリシーさえ何処にも書いてないとか、リストは滅茶苦茶だわとか、9時5時でトットと帰るとか、いつも仕事中にブックマークしてあるサイトを見ているとか、お前等仕事しろよとか、・・・あ、別に何処の団体かなんて特定して書いてませんからね:-P

 で、「 それにしても、吉川さんのコメント、本物だったんでしょうかねぇ?」と言うのはもう御存知かと思いますが一応関連リンクを。

 日本レコード協会の寄付講座続報
 正々堂々blogの記事に対して文化庁吉川氏が直々に反論?
 川内議員が文化庁吉川氏?に6つの質問状

 ・・・ま〜〜、結果としては吉川氏かどうかも未だに不明、20日付けで異動しちゃったのでやっぱりうやむやになっちゃった〜の気配大な感じですね。
 それにしても、民主党の議員からも自民党の議員からも突き上げ喰らって(自称)権利者団体は07/28はどう打ってくるんでしょ〜かね〜〜〜?

 林檎の歌さんも仰言られている様に
この言われない中間搾取をする現在の体制こそが元凶なのです。
そしてその事が日本の音楽産業の進歩を妨げている一因なのです。
 と言うのは自分も思っている事であり、やはり旧態依然の制度にしか、しがめつけないのでしょうね。

 プライバシーポリシーの意味分かります?>某団体、或いはRIAJとも言う。再三ここでも書いている事ですが、RIAJ位ですよね。プライバシーポリシー明記していない所って。
 関連リンク
 趣味の問題2さん経由「輸入差止申立に係る対象レコードリスト更新」を毎回あげてるサイト あ、上の文はこっ恥ずかしいのでスルーしちゃって下さい。重要なのは下から4行目の文ですので。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
※リンク無し、広告・宣伝目的のTrackbackは独断で削除する場合があります。

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。