Where is a limit? > 私的録音録画補償金関連 > 文化審議会著作権分科会法制問題小委員会(第6回)・・・結論先送り

2005年07月28日

文化審議会著作権分科会法制問題小委員会(第6回)・・・結論先送り

 河北新報社経由損失は拡大、早期の指定を 音楽著作権協会などが会見と言う記事が掲載されています。気になる部分を引用させて戴くと
日本音楽著作権協会(JASRAC)など音楽の権利者7団体は28日記者会見し、文化審議会の小委員会がiPodなどを私的録音補償金の課金対象とするかの結論を先送りしたことについて「著作者の損失が拡大する前に速やかに指定すべきだ」と訴えた。
 JASRACの吉田茂理事長は声明を読み上げ、「文化、芸術の振興や知的財産立国を掲げるわが国にあって大きな失態」として、速やかな課金決定を求めた。
 作詞家や作曲家でつくる日本音楽作家団体協議会の川口真理事は「最近CDが売れないが、際限ないコピーがまん延していることとの因果関係は否定できない。著作権が尊重されておらず危機感がある」と強調した。
 ・・・続きます。取り敢えず第一報迄。尚、JASRACのWebには未だ発表や声明文は20時段階では記載されていません。

 20:50分追記
 asahi.com経由iPod課金は継続審議 文化審、中間報告作成を断念と言う記事が掲載されています。気になる部分を引用させて戴くと
 iPodなどの携帯デジタル音楽プレーヤーを私的録音録画補償金の対象に加えるかどうかを議論している文化審議会著作権分科会の法制問題小委員会は28日の会合で、来月末までにまとめる予定だった中間報告の作成を断念し、継続して審議することを決めた。1台500円程度の課金が想定されていたが、制度自体の問題点が指摘され、賛否が分かれたため。9月上旬までに、審議経過を集約して結論を明記しない報告書を作り、これをもとに国民から意見を募集する。
 ・・・う〜〜ん、コレは事実上、音楽関連の7団体が反対声明とも思える声明を出した事はかなり焦っているのかな〜と。

 やはり、勝負は9月のパブリックコメントにかかっている、と思います。又ニュースが出次第pick upしていきます。朝日、河北新報ですから多分共同通信経由だと思うのですが・・・取り敢えず「文化審議会」でぐぐれば色々ニュースが出て来ます。地方紙の文面がどれも一緒で何だかな〜〜〜という感じですが。

 22:00分追記
 AV Watch経由音楽関連7団体がiPodなどへの私的録音保証金適用を要望−文化庁の結論は先送りと言う記事が掲載されています。こちらの方ではJASRAC等の関連団体の言い分を長々と書いているので割愛します(^^;)
 関連リンクINTERNET Watch経由 「iPodなどを私的録音補償金制度の対象に」JASRACなどの7団体が声明
 
 このニュースで気になる部分を引用させて戴くと
日本芸能実演家団体協議会の椎名和夫理事の説明によれば、DRMついては、私的録音補償金制度とDRMは対立するものではないという。また、DRM対応機器を導入する際のコストはユーザーの負担になるなどのポイントを指摘した。二重取りについては、音楽配信業者やCDレンタル業者へ許諾した範囲と私的録音の範囲は異なると反論。さらに権利者への分配については、2003年の場合7,543人の実演家に対して1人あたり55,693円が分配されていると実績を示して説明した。

 ・・・2003年なんてネタ古過ぎ、たった7,543人ですか?実績のデータは何処に?なんか突っ込み所満載ですね〜〜〜:-P

 ITMediaライフスタイル経由速やかに「iPod課金」を――音楽関係7団体が強く要望
 やっとこさITMediaが出て来ました。気になる部分を引用させて戴くと
「法律で指定するにしても、具体的な定め方は難しい。仮にiPodのようなものを指定しても、音楽用として販売すれば対象になり、ポータブルHDDとして販売すれば対象にならないという、CD-Rなどと同じ不合理性を引き起こしかねない」「“電話も音楽も”という複合機が増えことも予想されており、“主たる”や”専用”といった言葉で機器を区別することは難しくなるのではないか」といった意見が出ており、現行法を改正するだけではiPodなどを対象に含めることは難しいともされている。
 という部分は尤もな事かと思います。只、最後の
 なお、制度自体がユーザーに知られていないとは各団体も認識しているようで、9月からJRの電車内を利用してプロモーション活動を展開していくという。
 ・・・おせ〜〜よ。9月にパブリック・コメントがあるのに、これって一種の「宣伝活動を模したperformance」であり、無駄金使うという事ではないんですかね〜〜〜:-P

 さて、個人的に待っているニュースソースは後一つ。zfylさんですが、著作権分科会 法制問題小委員会(第6回)が22時で発表されています>いつもの事ながら大変お疲れ様です。配付資料はこれから見て咀嚼したいと思います。

 07/29追記
 関連リンク川内議員の正々堂々blog経由法制問題小委員会開催される!!と言う記事が掲載されています。気になる部分を引用させて戴くと
8月3日の文部科学委員会一般質疑において今後の方針等を、大臣答弁で確認したい、と思います。

みんなも、何か聞いて欲しいことがあったらコメントを寄せてください。

待ってまーす!!
 との事なので、コメント欄の所にガシガシ入れてみてはどうでしょうか?自分もちょっとJASRAC等の言いたい放題、マスコミを利用した徹底したプロパガンダ、あくまでも自分達の主張を曲げないで、何が何でも私的録音録画補償金をiPod等に課金しようとする、そして彼等の最終目的はDMPだけでは無く、記録できる媒体>ハードディスク、USBメモリー等に全て課金する事では無いかと・・・iPod等は第一段階に過ぎないのではないかと個人的には思っています。と言う訳でちょっと整理して川内議員のコメントに書き込むつもりです。

 それから、昨日ふと考えたのですが、9月に「JRの電車内を利用してプロモーション活動を展開していくという。」とあるのですが、これは果たして私的録音録画補償金の知らない人に向けての啓蒙なのでしょうか? 9月のパブリックコメントを前にして今更何故プロモーション活動を展開するのか?と言うのが非常に引っかかるのですね。電車内広告でも広告費用が発生するのは確かな事であり、その費用は何処から捻出されるのか? ポスターの中身は多分憶測ですが、昨日のJASRAC等の7団体が声明した文面とほぼ同じ内容になるのではないでしょうか?

 穿った考え方をすればプロモーション活動とは名ばかりで実際展開される内容は昨日の声明の縮小であり、私的録音録画補償金問題の事を分かっている人であれば「な〜〜にてめ〜らの都合の良い事ばっか書いてんだ、寝言も休み休み言え」かもしれませんが、大多数の人は「ふ〜〜ん、そうなのか〜〜〜、まっ、仕方ね〜んじゃね〜の。関係ね〜し、パブコメ?何それ?メンドいから知らね」で終ってしまうのでは無いでしょうか?

 これに対抗するにはJEITA側も何かしら意見広告でも何でも良いですから、何かしらの対抗手段を取る必要性を個人的に感じます。ネットだけでなく、一般の人にも分かり易い様に何かしらの訴求手段を講じる必要性を感じます。それとも7団体が既にマスコミを使って言いたい放題言っているのに指をくわえて9月のパブリックコメントを待っているつもりですか?
この記事へのコメント
トラックバックさせて貰いました。
目新しい事は、NHKのニュースの動画と。
http://www3.nhk.or.jp/news/2005/07/28/d20050728000224.html
川内議員の大臣答弁で聞いて欲しい事募集ですか。
http://blog.goo.ne.jp/kawauchi-sori/d/20050728
Posted by Shamrock at 2005年07月29日 00:49
いつも情報ありがとうございます。
所でNHKのニュースは見れないので直接Shamrockさん>
http://applesong.blog8.fc2.com/

で内容を確認させて戴きました。ありがとうございます。
川内議員のは今日の午前中にでもこのエントリーに組み込みます。
Posted by Tonton at 2005年07月29日 08:06
更新されてニュース消えてしまいましたね、NHK。
どこにも過去のニュース残してないとしたら、凄い不親切だな。
Posted by Shamrock at 2005年07月29日 08:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
※リンク無し、広告・宣伝目的のTrackbackは独断で削除する場合があります。

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
文化審議会著作権分科会法制問題小委員会
概要: 注目の私的録音録画補償金制度問題に関しての法制問題小委員会ですが、結論見送りに成った模様です。各メディアの報道がぞくぞくと載って行ってます。ざっとみましたが、なんだか課金を求める側7団体の報道が多いで..
Weblog: 林檎の歌
Tracked: 2005-07-29 00:43
JASRACなどの業界からの声明と私的録音補償金制度
概要: 昨日は、例の「iPod課金」と表現されることの多い、私的録音補償金制度の見直し問...
Weblog: now and then
Tracked: 2005-07-29 07:42
やっぱりおかしいiPod税
概要: <p> 昨日の音楽権利者7団体による記者会見のニュースを見て、すでにたちの悪いジョークにしかみえなくなりつつあるこの業界の馬鹿さ加減を憂いてみたい。 メインで参照したのはWhere is a limit?..</p>
Weblog: 若旦那の独り言2005 Ver.3
Tracked: 2005-07-29 10:21
権利者団体って?
概要: さて、文化審議会著作権分科会法制問題小委員会(第6回)が開催されたわけですが、内容とその後の動きについては、Where is the limit?さんのエントリーに詳しく掲載されていますので、一読を。..
Weblog: 著作権マニア
Tracked: 2005-07-29 11:03
そんなの美味しいのかねぇ〜
概要: 私的録音補償金制度の見直し議論が行われている最中ですが、どうしても業界団体の方々...
Weblog: Soukaku's HENA-CHOKO Blog
Tracked: 2005-07-29 15:31
さて
概要: 今回ちょっと私の思い違い、と言うか認識不足な点があったのでまず補足を。 まず私的録音録画補償金制度を審議しているのは、文化審議会著作権分科会の法制問題小委員会。 で、今回の結論は、そこが9月の審議経過..
Weblog: 他言無用
Tracked: 2005-07-30 11:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。